最近話題になってきている、”ソーシャルレンディング”をあなたはご存知でしょうか?

ソーシャルレンディングとは、ネット上で簡単に個人が企業等へ投資できるマッチングサービスの事を指します。

今回はそんなソーシャルレンディングの中でも、特に有名なクラウドバンクの評判やメリットやデメリット等について詳しくまとめてみました。

これから少しでも余剰資金を活用して将来に備えて投資を行なってみたい方は、是非ともこの記事を参考にして始めてみてくださいね。

<この記事はこんな人におすすめ>
誰にでも簡単に始められる投資サービスを探している方
クラウドバンクの評判やサービス内容に関して詳しく知りたい方
将来に備えて今から少しでもお金を蓄えておきたい方

クラウドバンク(Crowd Bank) の評判

クラウドバンクはソーシャルレンディングサービスの一つであり、公平な取引を行うために第一種金融商品取引業者の認定を受けているサービスです。

国内のソーシャルレンディング業界の中でも3番目に累計応募金額が多いサービスであり、豊富な投資案件を抱えている事のが特徴ですね。

そんなクラウドバンクの評判ですが、メリットとデメリットに分けて説明すると以下のようになります。

クラウドバンクのメリット

クラウドバンクの評判を徹底リサーチしてその中でも特にメリットとして、多かったのが以下の項目ですね。

国内ソーシャルレンディング業者の中では、3番目に大きい規模金額を扱う会社
募集取り扱いは証券会社が全て行うので安心
サービスをリリースしてから今まで一度も元本割れがない
最低投資額1万円からでき、運用期間は最短3ヶ月間
短期運用でも利回りが期待できる(平均利回り約6.99%)
募集案件が豊富なのでリスク分散が出来る
新興国に投資できる案件も募集されている
再生可能エネルギーの案件が多い傾向
未成年でも口座が作れる(条件としては親が口座を保有している事)
口座開設年齢制限は80歳未満までとなっている

ソーシャルレンディング自体がまだそこまで認知されていないのが現状ですが、利用者の方々の評判や口コミをみていると上記のような項目が多く挙げられていました。

また、クラウドバンクでを利用されている方でよく言われるのが一度投資するとその後は何も手間がかからないという事ですね。

他のFXや株などの投資とは違い逐次チャートを確認する必要性もあまりないので、長い目で見て得をする事ができる初心者にもおすすめの投資サービスです。

クラウドバンクのデメリット

逆にクラウドバンクの評判で多かったデメリット的な要素としては、以下のような項目が挙げられます。

早期償還が大変多い
貸し倒れのリスクがある

クラウドバンクは過去に2回の行政処分を受けた事があり、その都度に業務改善を行なっています。

その際は利用者があまりにも多くなりサービス自体が追いついていない感じで、行政処分を受けたようですが、あくまでも投資なのである程度のリスクは伴います。

また、クラウドバンクの評判を見ていると、早期償還が大変多いという書き込みも多く散見されてました。

早期償還とは、定められた期間前に投資したお金を返金される事を指すのですが、逆に期間が過ぎてから返金する事を満期償還と言います。

早期償還されると空き時間の分だけロスするといった声が多かったので、こちらもデメリットとして挙げています。

クラウドバンク とは

クラウドバンクとは、前述した通りソーシャルレンディングサービスを提供している会社の事を言います。

運営会社の詳細に関しては、以下の通りです。

運営会社
日本クラウド証券株式会社
設立
2013年12月
本拠地
東京都港区六本木七丁目4番4号 六本木Artshell 5F
代表取締役
橋村 純
平均運用利回り
年利平均6.99%
最低投資額
1万円〜
手数料
無料(口座開設手数料、ファンド販売手数料、口座維持手数料)
成立ローン総額金
550億円以上
分配額
15億円以上

ここ最近になって段々と認知度も上がり地方でも活用する方が増えてきましたが、累計応募総額は550億円を上回っており業界の中でも3番目に規模の大きなサービス会社です。

(出典:https://crowdbank.jp/lp?Tcsack=20190727_145013491)

サービスのキャッチフレーズとして「待つだけ、資産運用」と掲げており、その名の通り投資した後は放置していても勝手に年利分の利益を得る事ができます。

他の資産運用方法と比較しても初心者でも分かりやすくとても仕組みがシンプルなので、初めての方でも気軽に少額から行えるのも特徴の一つですね。

また、運用期間も最短3ヶ月間からあるので、これまで資産運用を一度もやった事がない方でも安心してチャレンジする事ができます。

クラウドバンク を実際に始めている人の評判

以下は実際にクラウドバンクを始めている人の評判や口コミになります。

この方は実際に200万円ほどクラウドバンクを活用して、資産運用されているみたいですね。

実際にツイートを詳しく見てみると、税引後の収益がかなりあがっている事が分かります。

たまにクラウドバンクを銀行の定期貯金と勘違いされる方がおられますが、それとは全く利回りが違うので断然お金を預けておくのであればクラウドバンクで資産運用した方がお得ですね。

また、クラウドバンクの利用者でよく言われているのは「リスク分散すること」です。

利回りの良い案件の方がもらえるお金もその分多くなるわけですが、実際に利回りの良い案件だけに投資するのはとてもリスキーです。

クラウドバンクに限らず他のソーシャルレンディングを活用する際にも、しっかりとリスク分散するために、複数の案件に投資する事が大切だと言われている方が多く見受けられました。

クラウドバンク のリターンとリスクを検証

クラウドバンクで実際に投資を行なった場合の例を、こちらでは詳しくご紹介したいと思います。

実際にあなたが100万円を活用してクラウドバンクで資産運用を行なった場合、単純計算で考えると以下の様になります。

100万円(投資金)×6.99%(平均利回り率)=69,900円

100万円使ってクラウドバンクで投資した場合は、1年間で大体69,900円程度何もせずとも不労所得としてあなたの手元に入ってくるわけですね。

勿論、これには前述した様に”貸し倒れ”のリスクが伴うわけですが、実際にクラウドバンクはサービスをリリースしてから一度も貸し倒れした事がありません。

資産運用していて一番のリスクはこの貸し倒れなので、もし万が一投資資金が全て帰ってこなかた場合でも生活に支障がない様な余剰資金を使って行う事が大切です。

あくまでもクラウドバンクでは今まで一度も貸し倒れがないといっても、”投資”なのでそれなりのリスクが伴うことは承知の上で、余剰資金を使って行う様にしましょう。

クラウドバンク でかかる手数料

クラウドバンクでは他のソーシャルレンディングと比べて、手数料が全くかからないのが特徴です。

口座開設手数料
ファンド販売手数料
口座維持手数料

上記の手数料は全てクラウドバンクでは無料となっており、唯一手数料がかかるのは投資家が口座にお金を入金する時だけですね。

振込手数料に関してはあなたがどの様な銀行から送金するかにもよるので、一概にどのぐらいの手数料がかかるかは言えませんが、メガバンクだと108円~864円程度が目安になります。

といっても中には、振込手数料が無料の銀行口座もあるのでそういった銀行口座を持っていれば、実質クラウドバンクでは一切手数料がかからなくなります。

クラウドバンク の評判まとめ!

資産運用が初めての方でも気軽に始められて、投資した後は何もせずに待つだけの”クラウドバンク”に関してここまで詳しく解説してきました。

これまで一度も投資をした事がない方でも、気軽にスマホアプリから行う事が出来るので是是非とも少しでも興味がある方は少額から始めてみてくださいね。

銀行口座に寝かせているお金を効率的に活用して、今から将来に備えて資産運用にチャレンジしてみましょう。